FC2ブログ

シミュレーションゲーム研究会ブログ@東海大

東海大学文化部連合会シミュレーションゲーム研究会のブログへようこそ!

ブログランキングに参加しています。是非クリックして投票してくださ!

前学期を振り返って

皆さんまたまたお久しぶりです。元会計にして現監査兼カリスマブロガーの奈那です。
常々「このブログは一体誰が見てるんだ?」と疑問に思っていたのですが、意外とシミュ研員は見ているらしいという驚愕の事実を最近知りました。なので今回はシミュ研員達からの「更新してくれ」「地味に楽しみ」などという言葉を真に受けて書くことにしました。我ながらチョロいですね。
ちなみにいつも書くときは一応役員たちの許可を取ってから書くのですが、今回は無断で書いています。更新されてないから別にいいよね。
ところで最初に名乗った奈那という名前、もう10年近く使っているお気に入りのあだ名なのですが、大学一年目でシミュ研に入るときに広めようとしてもうその名で呼ばれてる人がいるというどうしようもない理由で失敗した哀しい過去があります。
その人もとっくに卒業した今、改めて後輩たちに広めることによって憧れの「奈那ちゃん先輩」などという青春のかほり漂う呼ばれ方をされることも可能なのでは!?という恐ろしい計画を思いついてから早4ヶ月が経過しました。光陰アローの如しとはよく言ったものですね。

さて、最近の出来事としましては久々に悪夢にうなされて目が覚めたり、ネットのサイコパス診断をしたらサイコパスより凄惨な殺し方を選んだり、同じ監査に枯れ木のような男と呼ばれたり、人生初のタバコに挑戦&後輩に火をつけてもらうデビューをしたり、ポ〇モンGOのために散歩に出たのにすっかり忘れてポ〇スポットもポ〇モンも悉くスルーしたり、人生初の小説を書いたらワード3枚目くらいで展開に詰まったり軽くホームシックにかかったりしてました。
皆さんは悪夢のせいで目が覚めたことありますか?私は4回ほどありますが、あれは気分が悪いですね。一時期よく悪夢を見ていたのですが、隣人が引っ越すのと同時期くらいパッタリと見なくなったので隣人に何かが憑いていたんじゃないかと勝手に思っています。
あと私はサイコパスじゃないです。多分。ちょっと証拠の隠滅とか考えちゃっただけです。皆さんも診断をしてみればわかります。アレ正解するのマジで難しいですから。

どうでもいい近況報告ばかりですが一応シミュ研に関係ありそうな話もあります。小説のくだりですね。
物書きを目指している後輩に勧められて書いた小説ですが、ちょうど筋書きができているTRPGの自作シナリオをもとに書くことを思いつきました。というか、シナリオを作るのが苦手な私としては、それの鍛錬と克服という意味でやってみたわけです。創作力と描写力を上げてGMとしてのパワーオブパワーを身に着けようと思ったわけですね。といってもゼロから書くのも難しいので、とりあえず最初はメタリックガーディアンRPGのお気に入りのシナリオをもとに書き始めました。まあロボットの描写は難しいのでカットして生身の人間を主人公に書いていたところ、所謂シナリオボスが登場したところではたと気づきました。シナリオボスはそのまま巨大ロボサイズ。コレ、こいつらじゃどうにもできないじゃん・・・・。まあ誰に見せるわけでもないのでいいんですが、処女作が未完というのは寂しいのでなんとかしたいところです。書きあがってる部分については結構気に入っています。何せ私が書いた私好みの文章ですからね。


個人的なことばっかだとアレなので、シミュ研のことも書いておきます。
今年も新入生はたくさん入ってくれましたが、特にTRPGプレイヤーが普段よりかなり多い気がします。サークルの時間内でやっている様子もよく見るようになり、時間を気にしないでだらだらやる派の私としてはかなり驚いています。まあプレイヤーが増えるのはうれしいのですが、遊んでいるシステムが私とあまりかみ合わないようで少し寂しいですね。主にクトゥルフ、パラノイアのほかシノビガミなどのサイコロフィクション系などが流行っているようで、グループSNEさんやFEARさんのシステムを遊んでいる私としてはちょっと複雑です。布教を頑張らないといけませんね。

TRPGばかりでなく、ボードゲームをよく遊んでいるグループなども見るようになりました。どうやらカード系などの軽めの物が人気な様子。物理的にも時間的にも重い系のゲームが好きな私としてはこちらも布教したいところ。でも若者の間に入っていくのって勇気が要りますよね。そんなんだから年寄り扱いされるんじゃ・・・・。

TCGはMTGが流行再燃を見せました。総務局長が前に書いてましたね。私も勧められて始めた直後にドラフトに2回ほど参加しました。中々良いカードを引けたようで、愛着を持って使っています。総務局長なんかはよくTCG初心者の私にデッキを代わりに作ってくれるので、私はそれにお気に入りカードをぶち込んで台無しにする作業だけで済んでしまいます。ありがたい話です。よく私のデッキを見て微妙な顔をしていますが。


現在は夏休み中で活動もまばらになっていますが、活動している日もありますので暇があったら覗いてみるのもいいんじゃないでしょうか。活動日はツイッターで報告しています。多分。見学したいときはメールをいただければ、役員が丁寧に対応してくれることでしょう。多分。

このブログも出来るだけ更新するようにしたいですね。私のブロガーとしてのカリスマに陰りがさすことがないようにするためにも。
それではこの辺で。アウフヴィーダーゼン。
  1. 2016/08/09(火) 07:04:50|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラフト

2週間ぶりです、総務局長です。今回はサークルで行ったMTGのドラフトについて書きたいと思います。MTGは私の4つ、5つ上の世代のサークルでは流行っていたそうですが、最近まではプレイヤーはほとんどいませんでした。私がサークルでドラフト用に集められた土地箱を譲り受けてから、全く立っていなかったドラフトを再開し、何とかプレイヤーを増やし一応10人を超えました。今年入ってきた1回生の中にも1人MTGプレイヤーが居たため、これを機に1回生に布教できたらと思います。

違う話が長くなりましたがドラフトについて書きたいと思います。今回は最新パックであるイニストラードを覆う影を使った3パックドラフトを8人で行いました。私が見た限りでは8人のデッキは
赤緑速攻
赤白
赤黒白マッドネス
青単LO
青黒
赤白
緑白調査
白青黒
という感じでした、色の後に言葉が続いていないものは分類できなさそうなデッキでした。
スイスドロー3回戦を行い、私は赤緑速攻を作って優勝できました。まあ特に景品とかはなかったんですが。
感想としては、今回のドラフトは見る限り当たりが多く出ていたため、レアカード出せれば勝ち、もしくは出される前に物量で押す、みたいな勝負が多かったように見えました。トップレアである「大天使アヴァシン」は出ませんでしたが、「先駆けるもの、ナヒリ」 「ギトラグの怪物」 「驚恐の目覚め」  「死の宿敵、ソリン」など神話レアはそれなりに使えるものが出ていました。(ソリンは私がレアピックしたので使われませんでしたが。)レアでも「不屈の追跡者」 「石の宣告」など強いレアがちらほらと見かけられました。

まあレアカードゲーと言いながら最終ゲームの私の赤緑速攻と赤黒白マッドネスには強いレアは入っていませんでしたが。どちらも早めにクリーチャーを展開して押し切るというタイプのデッキだったようで、レアカードを引かれる前に、もしくは引いても手遅れな場面に持っていって勝ってきたようです。最終ゲームだけ覚えてるのでその話をしますが、ドラフトなのに非常に綺麗にマッドネスが出来ていて、2-0で勝てたのが嘘なくらいどちらも危なげな試合でした。マッドネスより早い自信はあったので押し切れば勝てるだろうと思いきや、相手のマッドネスも結構軽い呪文が多く、どちらの試合も押し切れずに中盤までもつれ込み、相手のスキをついて一斉攻撃でライフを削り切って勝った試合でした。相手の2回生がまだMTGのプレイ経験も少なく、今回のパック内容もあまり把握していなかったことも勝利の要因だと思います。次回のドラフトではぜひ今回よりプレイ経験を積んで強くなった彼と再戦したいです。
今回は彼以外にも初心者もしくは久しぶりにプレイするというプレイヤーが多く、結構新鮮でした。見る限り楽しんでもらえたようなので、次回のドラフトでは前より良い成績を出せるよう頑張ってもらいたいです。
今度はシールド戦もやってみたいと思うので、また開催したら記事を書くと思います、それでは。
  1. 2016/05/24(火) 22:12:54|
  2. カードゲーム(MTG)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームマーケット

皆さん、初めまして総務局長です。役員によるブログの更新は8ヶ月ぶりとなるようです。ここまで遅れた理由はただ単に役員の怠慢です。ただでさえ最近はツイッターを始めて、そちらで呟いていればいいんじゃないかという感じでブログの更新もいつになるかわかったもんじゃなかったので丁度良くゲームマーケットに行ったことでネタもできたので書かせてもらいました。

前置きはこのくらいにしておいてゲームマーケットの話をします。このブログを見ている人ならゲームマーケットがなんなのかはわかっていると思いますが、知らない人もいるかもしれませんので説明します。ゲームマーケットとは、年に2回東京ビッグサイトで行われるボードゲームの即売会です、といっても売っているのはボードゲームだけではなく、TRPGのルールブックやサイコロ、カードスリーブなども売っています。参加する団体は同人から企業まで幅広く、また会場ではゲームの体験も行う事もできるので、ボードゲームで遊びたいという人も楽しめるイベントです。今回私個人ではボードゲームは買わず、サークルのお金で欲しいボードゲームを買ってもらいました。今回はサークルで買ったボードゲームを2つほど紹介しようと思います。
(クリックして拡大してください)


DSC_0091.jpg


デザインタウンはドミニオンのようなデッキ構築型ゲームです。
ドミニオンとは違いチキンレースの要素があるゲームです。プレイヤーはデッキのカードを表向きにしておき1枚ずつカードを出していきます。何枚カードを出すかはプレイヤーの自由ですが、出すカードによっては疲労がたまることがあり、3つ疲労が溜まってしまうと強制的にターンが終了してしまいます。カードによってはデッキの一番上にきた時、必ず出さなければいけないというカードもありどこで出すのを止めるかも重要となります。このゲームの面白いところは、アップデートと言ってカードを裏側にすることで別のカードになるという要素です。アップデートしたカードを元に戻すことでまた違う効果も発揮されます。ドミニオンよりも簡単で、考えることが少ないためデッキ構築型ゲームが苦手な人にもおすすめできるゲームです。

DSC_0090.jpg


ドラフト戦国大名は信長の野望のようなシミュレーションゲームにドラフトの要素を組み込んだゲームです。
プレイヤーは織田信長、武田信玄などの4人の大名から1人を選び、その大名の領地からゲームを開始します。ゲームは4ラウンドからなり、毎ラウンドの最初に5枚のカードでドラフトを行います。ここでドラフトとは渡されたカードの内から1枚を選び、残りを横のプレイヤーに渡すことを言います。1ラウンドでは5枚のうち4枚を使い、残りの1枚を次のラウンドに持ち越します。プレイヤーにはラウンドの終了時に自分の支配地域に応じた資金と勝利点を受け取り、最終ラウンドで勝利点が一番多かったプレイヤーの勝利となります。ただのシミュレーションゲームならいくらでもありますが、このゲームはドラフトの要素が入ったことで、他のプレイヤーの行動を予測しての動きができるなどまた違った面白さがあります。

今回は2つの新しいボードゲームについて説明しましたが他にも新しいボードゲームはたくさんあります。また、この2つのボードゲームもどちらも2回ほどしかプレイしていないためもっとプレイすることで他の面白さが見つかることもあるでしょう。少なくとも5月中は優先的に新しいゲームを持ってくると思うので、興味を持ったら是非サークルに遊びに来てください。
  1. 2016/05/08(日) 01:39:42|
  2. ボードゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超久々の

皆さん、お久しぶりです。いつの間にか”元”がついてしまった会計にしてカリスマブロガー兼現監査です。
監査というのはその名の通り役員のお目付け役、らしいです。後輩たちに煙たがられないように頑張りたいと思います。

さて、東磐会からこっち、大きなイベントもなく(役員選挙というサークル的には超重要なイベントがありましたが)期末試験やら引継ぎやらで皆が皆忙しい時期を過ごしていました。

私はと言えば、去年の役員の中で一番老けて見えると言われたり、後輩の女の子と遊びに行くのを孫を遊びに連れてくおじいちゃんみたいと言われたり、若者っぽく見えるようにと髪を伸ばしたら義姉に大人っぽくなったねと言われたり、某六つ子アニメの新作にニャ〇メもベ〇もケ〇ンパスでないと聞いて哀しいと話したら首をかしげられたりして、酷くショックを受けていました。
あの六つ子、ト〇が一番下だったんですね。某音頭のせいで十〇が末っ子だと思ってました。

閑話休題。
3月の頭に4年生の追い出しコンパがあったりしましたが、ただの飲み会ですらない食事会(なんと酒飲みが少なすぎて面倒なので一律アルコールなし!)だったので平和も平和でした。シミュ研のこういうところが私は好きですね。二次会のカラオケは楽しかったです。

そして先日、毎年行っている合宿(という名の旅行?)に行ってきました。4泊5日の間、宿にこもりひたすら遊び続けるというとても不健康になりそうなイベントです。でも実は食事の時間が決まっているので(睡眠さえとれば)生活習慣は整ったり。
普段は中々できないTRPGやプレイ時間の長いボードゲームなどをやりまくることのできるステキなイベントです。

私は主にTRPGをやっていましたが、印象に残ったのは初日に参加したシノビガミですね。プレイヤーの目的がそれぞれ違ったりすることで対立することも珍しくないという、一風変わったシステムです。後輩たちに混じって初めて遊びましたが、目的のために周囲を顧みないキャラクターを演じたことで見事に周囲と対立をすることに(笑)。中立のプレイヤーを引き入れようとするときも中々に悪役らしい正論を囁くことができて楽しかったです。後輩たちは大体皆いい者だったので悪ぶりがいがありましたしかも圧倒的に不利な状況だったにも関わらず、お互いの出目のせいでこちらが勝ってしまうという大どんでん返しが最後に待っていました。勝ちを諦めないって重要ですね。あとGMでもないのに悪役ができて楽しかったです。

あとは温泉に入ったりバス内で超長いベーコンと馬肉を食べたりしましたね。
あと超どうでもいいことですが、最終日に始まった私が遊んでいるアプリゲームのイベントが、なんと”就活”をテーマにしたものだったせいで、予定より一日早く現実に引き戻されるという予想だにしないアクシデントに見舞われたりしました。タイミング良すぎて合宿で一番笑ったかもしれません。


さて、シミュ研役員も代替わりを果たし、そろそろ新入生を迎え入れるためのイベントの準備に取り掛かっています。毎年恒例のボードゲームとTRPGの体験会などですね。
そのうち新たな役員たちがお知らせしてくれるでしょう。多分。恐らく。きっと。
私も監査として生暖かく見守っていきたいと思います。
興味があったら(新入生でなくても)是非来てみてください。楽しいところです。

それではこの辺で。
私が書くことはもうないかもしれませんが、いつかきっと、月光(つき)の下でお会いしましょう。
・・・・・・これ一度言ってみたかった。
  1. 2016/03/25(金) 08:38:09|
  2. TRPG
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東盤会を終えて

どうも、またまた委員長です。ほかの役員はブログ書かないのですかね(´・_・`)
そろそろ委員長では無くブログ局長の方が相応しい気がしますね。
さて、本題に入りましょうか!
まずは東盤会とは、シミュ研が外部のお客様にボードゲームを楽しんでもらおうという企画ですね。
要するにボードゲームの体験会ですね。
今回の東盤会の来場者数はなんと3人でした(´;ω;`)
なんと悲しいことでしょうか・・・・
10人くらいは来てくれると思っていたのに残念でした・・・
あまりの少なさに企画さんがしょんぼりしていて可哀想でした・・・
ですが、3人も来てくれたと考えることも出来ます。どんなイベントも最初から人が来るはずがないのです。
次回の東盤会では4人以上来てくれればそれでいいと思うんですよ。徐々に増えてくれればうれしいと思いますね。
と珍しく前向きな綺麗ごとを言ってイメージアップをしてみる
ちなみに次回の東盤会の日程はまだ未定です。決まったらブログに書くと思います。
今回はこれくらいにしておきましょうかね。
それでは皆さんお休みなさいzzz
  1. 2015/12/09(水) 01:35:41|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ